サイトガイド

熱中症について

2017.07.15

さて、これからだんだん暑くなる時期になりましたが、毎年話題になるのが熱中症です。
この熱中症ですが、通常人間は体温を35〜37度前後で保つような仕組みになっているのですが、それ以上に暑い場所にいたり、仕事や運動などで体温が37度以上になったりすると、体表の血管を拡張させたり、汗をかいたりすることで熱を逃がそうとします。しかし、人間の体内の水分量には限界があり、汗をかきすぎると脱水になってしまいます。脱水になるとのど渇き、全身倦怠感が生じて、頭痛やめまいなどを起こします。この状態がさらに進むと、汗をかけないことで体から熱を外に逃がす方法がなくなり、意識障害を生じたり高体温状態になったりすることで、細胞が正常に機能することができない状態が続き、命の危険に及ぶことがあるのです。このような状態を回避するためには、水分摂取はもちろんのこと、適度な塩分摂取も必要です。(汗は水分だけでなく塩分も含むからです)
また、子どもや高齢者はその発生する要因が異なりますが、熱中症を生じやすいため、水分摂取だけでなく部屋の温度管理などにも注意が必要です。また熱中症は短時間で重症化することがあり、命の危険にも及ぶので十分注意が必要です。