サイトガイド

運動について

2017.08.12

今回は運動についてお話しします。
今年は5月頃から日中暑い日が続き、体調を崩してしまった方も多いかと思います。この暑い中運動の話をするのですが、暑さ寒さに関係なく年齢とともに体力・筋力は落ちてくるので、日頃のお手入れが重要になってきます。よく「運動しなさい」と言われることがあると思いますが、運動と一言で言ってもいろんな種類があります。
基本的には「筋力」「柔軟性」「持久力」のバランスが大事になってきます。例えば椅子から立ち上がりにくくなってきた方は、脚を鍛えることで筋力をつける必要があるし、肩こりなど筋肉が硬くなってきた方には、ストレッチによる柔軟性が必要になるし、歩く距離が短くなってきたりしんどくなってきたりする方は、ウォーキングなどで持久力が必要になります。
もちろんこれらの運動すべてが大事なことではあるのですが、最初からすべてやるのはなかなか難しいかと思います。そこでまずは1日20〜30分のウォーキングをする事、後はラジオ体操をすることをお勧めします。ウォーキングはできるだけ連続して20〜30分動くといいです。これは短時間だと体が動きに慣れる前に運動をやめてしまうため効果が出にくくなるので、できるだけ連続して動くことをお勧めします。また、ラジオ体操は全身を大きく動かす運動として50〜60年前から現在まで行われている運動です。もちろん体調に合わせて無理せず継続することが大事なので、日によって短い時間しか歩けない場合もあるかもしれませんが、少しずつでも健康維持のため運動習慣をつけるという事は大事なことかと思います。