サイトガイド

冷えとしびれについて

2018.11.12

今年は非常に暑い夏が終わったと思ったら、急に冷えたりして体調を崩す方が多いようです。

さて、今回は冷えとしびれについてお話します。
手や足がしびれると神経の病気などを心配される方がいますが、しびれの原因は神経の病気だけとは限りません。もちろんしびれを感じているのは神経ですので、神経に何らかの問題が発生しているのですが、神経そのものに障害がなくてもしびれを生じることがあります。例えば血流障害です。皆さんも経験があるかもしれませんが、正座をして足がしびれたことは無いでしょうか?これは膝を深く曲げた状態で体重がかかることにより、膝裏の神経や血管が圧迫されます。血管が圧迫されることで、末梢神経への血流障害が起きて感覚がなくなったり、脚がしびれたりします。これと同じような原理ですが、冷えると体の表面にある血管が縮こまってしまい、それにより血流が悪くなると末梢神経が異常を感じてしびれとして信号を出すようになります。このような末梢の血流障害によりしびれを生じる方は、じっとしている時にしびれを感じて、逆に動いている時の方がしびれを感じにくいことが多いようです。