サイトガイド

夏バテについて

2019.07.02

夏バテは病気と言うわけではありませんが、全身のだるさや疲労感があり、食欲不振などになったりします。さらに暑さによる寝苦しさから睡眠不足も加わると、だるさや疲労感がさらに悪化してしまいます。
夏バテの原因は自律神経の乱れや発汗異常、先程挙げた睡眠不足などがあります。自律神経の乱れは極端な寒暖差が誘因となります。

今年のゴールデンウィーク頃から寒暖差が激しく、それも1週間単位ではなく1日の中でも朝夕で10〜15度ぐらいの温度差がありましたよね。これにより体調を崩して風邪をひく方もいましたが、夏になるとエアコンで冷えた室内から、暑い外に出ると急激な温度変化を生じ体力を消耗してしまい、体がそれをストレスと感じるのです。またこれは熱中症などにも通じることですが、寒暖差とは暑いところに居続けることで、汗が出すぎてしまい汗をかくことができなくなったり、蒸し暑いところで汗がうまく出せなくなったりすることで、汗をかくことで行われる体温調整機能が働かなくなり、体内に熱がこもった状態になります。このような状態を予防するためには、エアコンなどの空調管理をしっかりとさせることが重要です。

年齢とともに自分が感じている室温と実際の室温に差が出てくることもあるので、室内に温度計や湿度計を置くことをオススメします。