サイトガイド

膝痛について

2019.10.11

今回は膝痛についてお話します。
膝痛とはもちろん膝の痛みですが、膝の痛みを出す病気や状態はいろいろあります。骨折や捻挫などもそうですが、年齢と共に生じる変形性膝関節症についてお話しします。

変形性膝関節症という病名はテレビなどで聞いた事がある方もいると思いますが、簡単に言うと膝関節の間にあるクッションの役割をする関節軟骨が擦り減っていき、クッションとしての役割を十分に果たせないため炎症を起こしたり、関節が変形したりします。

 なぜこの関節軟骨が減るかというと、体重負荷や運動量と筋肉のバランスが悪いことが誘因となります。膝は歩くだけで体重の2〜3倍の負担がかかり、階段の昇り降りでは体重の6倍近い負担がかかるとされています。この膝を支えているのは骨や軟骨、靱帯だけではなく、筋肉も大きくかかわってきます。
 膝を支えて動かす筋肉は太ももやふくらはぎの筋肉になるのですが、筋肉は年齢と共に減少していく傾向にあります。すると体重は変わらず、また運動量も変わらない状態で膝を支える筋力だけが落ちていくと膝関節への負担が増え、結果膝の関節軟骨が擦り減ってしまうのです。それにより運動量が減ると体重は減りにくくなるのに筋肉が減り、より関節痛が増悪してしまいます。
 
 この悪循環を止めるには、痛いからと安静にしすぎるのではなく、調子の良い日にはウォーキングをするなど適度な運動習慣をつけることも必要です。