サイトガイド

災害について

2019.12.05

さて年末の忙しい時期になり皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年は熊本や北海道の地震や台風による水害など多くの自然災害に遭遇する年になってしまいました。
岐阜県は被害が少ない状態でしたが、長野県のように岐阜県と同じ海なし県でも千曲川と言う大きな河川が決壊して大きな被害をもたらしました。岐阜にも長良川などの大きな河川があり、これらが決壊したことを考えるとゾッとします。幸い私自身はあまりそのような水害に直面することはありませんでしたが、愛知県に住んでいるときに2000年の東海豪雨があり、西枇杷島町(現在の清須市)のボランティア活動にふらっと参加したことがありました。
この時に経験したのが決壊した河川から出たヘドロの匂いと重さです。

匂いは時間の経過とともに慣れもでてきますが、とにかくヘドロや水を含んだ畳や家具などの重いこと。
当時は多少力にも自信があったのですが、3人チームでお二人暮らしの家の掃除をするだけでヘトヘトになった記憶があります。
そう思うとラグビー日本代表選手やカナダ代表選手の方々などが、試合などで疲れているはずなのに被災地で清掃活動のボランティアをされたニュースを聞き頭が下がる思いです。

さて、今年の最後のかわら版は病気と関係ない話になってしまいましたが、新年は自然災害が少なく、皆さん健康で過ごせるといいですね。