サイトガイド

肩こりについて

2020.02.04

さて、まだ冷え込む日が続きますが、寒いからと言って体を動かすのが億劫になって運動不足の方もいるのではないでしょうか。

今回は肩こりについてお話します。
この肩こりは肩の痛みだけでなく、頭痛や腕や手などの上肢のしびれを生じることもあります。しかし、これらの症状があっても自分が肩こりと認識していない方も意外に多く見えます。

人間は2足歩行するため頭だけでなく、腕なども支える必要があるため首回りや肩、背中の筋肉に負担がかかる状態になります。これに長時間同じ姿勢でいる事や、体が冷えたりする事などのストレスが加わると、筋肉が緊張した状態になり硬くなってしまします。
それにより血管を圧迫して血液の循環を悪くしたり、末梢神経を圧迫したりして、先ほどの頭痛や腕や手などの上肢のしびれを生じるのです。また、血行不良になると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されず、筋肉に疲労が溜まって、ますます筋肉が硬くなる悪循環になってしまうのです。

この悪循環を改善するには、ストレッチなどで筋肉の持つ収縮力や柔軟性を取り戻すことで、過度に緊張した筋肉をほぐすのが重要な事なのです。しかし、これらの運動をするのに不安がある方は整形外科で相談する事をお勧めします。