サイトガイド

フレイルについて

2020.03.04

皆さん「フレイル」という言葉を聞いた事はあるでしょうか?
フレイルとはわかりやすく言うと
「加齢により心身が衰えた状態」の事です。

フレイルはその人が弱っている状態であることを示すだけで病名ではありません。「年取って身体が衰えるのは当たり前じゃないか」と言われる方もいると思います。
では、なぜ、わざわざ「フレイル」という言葉を作ったかというと、超高齢化社会になり、以前よりも運動機能や認知機能が低下する事で生活に困る方が増えてきたため、適切な介入・支援を行う事により生活機能の維持向上を考える必要性が出てきたからです。

フレイルの基準ですが様々なテストがあり、ここでは紹介しきれませんが、最初に提唱されたのが、
1.最近1年間で4.5?以上の体重減少
2.週に3日以上何をするのにも疲れやすさを感じる
3.歩行速度の低下
4.握力の低下
5.身体活動量の低下

3項目以上でフレイル、1または2項目でフレイル前段階となります。
これを見ると気が付かれた方もいるかもしれませんが、要は栄養状態が悪くなり、気力や筋力が落ちている状態なのです。つまり「フレイル」を予防する方法は栄養バランスを考えた食事と適度な運動をすることになるのです。

皆さんもこのような状態にならないよう日頃の生活習慣を意識してください。